インプラント矯正

  • TOP
  • インプラント矯正

笑顔が自信に変わります

笑顔が自信に変わります

歯並びや噛み合わせの乱れは、見た目が気になるだけではなく、咀嚼機能や発音、全身のバランスなど、お口や身体のさまざまな部分に悪影響を及ぼすこともあります。名古屋駅近くの歯医者【名古屋ウィズ歯科・矯正歯科】では、こうした歯並び、噛み合わせを整えるための治療法の一つとして、インプラント矯正をご提案しています。インプラントを用いた矯正は、短期間かつ弱い力で歯を動かせる治療法です。

インプラントを使用した矯正方法があります

インプラントを使用した矯正方法があります

インプラント矯正とは、アンカースクリュー(歯を失ったときに埋め込むインプラント体より小さな、ネジのようなもの)を顎の骨に埋め込み、そこを支点として歯を動かしていく矯正方法です。たとえば重度の出っ歯を治療する場合には、歯列全体をうしろに下げなくてはなりません。そのためにはスペースが必要となるため、まずは抜歯によって歯列を下げるためのスペースを確保。そして、歯科矯正用のアンカースクリューを埋め込んで、それを固定源として動かしたい歯に力を加えていきます。

固定源があるため効率的に歯に力を加えることができ、短期間かつ弱い力で歯を動かすことが可能です。

矯正用インプラントで歯を動かすとは

矯正用インプラントで歯を動かすとは

一般的なブラケットとワイヤーによる矯正治療では、歯と歯をワイヤーでつなぎ、その引っ張り合う力で歯を動かしていきます。この場合、それぞれの歯に同時に力がかかるため、狙い通りに歯が動かなかったり、動かしたくない歯まで動いてしまったりすることもあるのです。

一方のインプラント矯正では、アンカースクリューを支点とするため固定源が動かず、効率的に移動したい歯に力をかけることが可能。大きく歯を移動させることもできます。また、インプラントを中心に前後、上下、左右と歯を動かせるため、抜歯を回避できるケースもあります。

インプラント矯正のメリット・デメリット

インプラント矯正のメリット
手早く矯正を行える
(治療期間が短くなる)
インプラント矯正は別名「スピード矯正」とも呼ばれています。そのため結婚式や就職活動など、予定に合わせてなるべく早く治療したい方にお勧めです。 抵抗のある
矯正装置を使わない
i-特に出っ歯の治療ではヘッドギアの装着が必要になる場合が多いですが、インプラント矯正の場合はヘッドギアの装着は不要。目立つ装置に抵抗がある方にも適しています。 歯を抜かず矯正治療ができる可能性がUP
インプラント矯正は別名「スピード矯正」とも呼ばれています。そのため結婚式や就職活動など、予定に合わせてなるべく早く治療したい方にお勧めです。 i-特に出っ歯の治療ではヘッドギアの装着が必要になる場合が多いですが、インプラント矯正の場合はヘッドギアの装着は不要。目立つ装置に抵抗がある方にも適しています。 矯正治療を望む方のうち4割程度は抜歯が必要な症例と言われていますが、インプラント矯正であれば非抜歯で治療できる可能性が高まります。
インプラント矯正のデメリット
部分麻酔が必要
歯科矯正用アンカースクリューは通常のインプラントにくらべて小さいため、患者様の身体への負担は少ないと言えます。ただ、やはり手術を行う際は痛みがあるため、部分麻酔が必要です。部分麻酔下で手術を行えば、痛みはありません。

PICKUP 当院では通常の矯正治療も対応可能です。

PICKUP 当院では通常の矯正治療も対応可能です。

名古屋市の【名古屋ウィズ歯科・矯正歯科】では、インプラント矯正だけではなく、一般的なワイヤー矯正をはじめとする幅広い矯正治療に対応しています。目立ちにくい矯正装置を使った治療や、透明のマウスピースによる矯正治療、インビザラインにも対応。まずは患者様のお話を丁寧に伺って、正確な診断に基づき最適な治療プランをご提案いたします。ご予算や治療期間などについても、お気軽にご相談ください。

当院の矯正治療については、
以下のページで詳しくご案内しています

矯正治療はこちらOFFICIAL WEBSITE

24時間WEB予約

トップに戻る